18 March 2014

mac で python 環境構築 (2014年3月版)

今までは手作業で easy_install pip して pip install virtualenv してなんだかんだとやっていたのを、他の言語に合わせて pyenv 使ったらいいなじゃないかと思い、Brewfile の整理ついでにそっちに寄せてみていた。で、会社の python の人たちにモダンな python 環境について聞いてみたところ、「pyenv はない」「python はマイナーバージョンまで気にするシチュエーションが少ないからプラットフォームのパッケージ管理ツールで 2.7 系と 3 系の最新を入れておけば十分」「virtualenv でやるのが普通」という意見を賜った。なるほどそうかと思い virtualenv ベースの環境に戻ることにする。とはいえできるだけインストールまわりは Brewfile に寄せていき、手で打つコマンドを減らしたいので、そのへんはアップデート。

手順

  • python, python3 は brew で入れる

    • Brewfile に以下を書いておいて brew bundle で OK

      install python || true
      install python3 || true
      
    • 2.7 系についてシステム python ではなく brew の python を使う理由は、brew の pythnon には pip がついてくるので、それを手でインストールする手間が減ること。また一応マイナーバージョンも最新の 2.7 系が入るため。

  • PATH の /usr/local/bin/usr/bin より前に持ってくる。.zshrc (.bashrc) には以下を書いておく

    export PATH=/usr/local/bin:$PATH
    
    • screen か tmux を使っている場合、こうしておかないとシステム python が見えてしまうようだ
  • virtualenv と virtualenvwrapper をインストールする

    `pip install virtualenv virtualenvwrapper`
    
  • virtualenvwrapper の activate

    • .zshrc (.bashrc) に以下を書いておく

      source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh
      

あとは mkvirtualenv NAME などとすればよい。python3 の環境が作りたければ mkvirtualenv NAME --python /usr/local/bin/python3 とする。

思えば virtualenv を使うと python の処理系を含めて仮想環境化してくれるので、virtualenv を動かす python と virtualenv 環境内の python は違っても構わない。この仕組があるかぎり python バイナリそのものの管理はそこそこ適当でいいし、いろいろなバージョンの python バイナリをインストールする作業はそう多くはないので brew などで十分だ。

あと自分の環境では、はじめに brew install python したあと、付属のコマンド (pipeasy_install) などが動かない事があった。具体的には以下のような pkg_resources がインポートできないというエラーが出ていた。

Traceback (most recent call last):
  File "/usr/local/bin/pip", line 5, in <module>
  from pkg_resources import load_entry_point
ImportError: No module named `pkg_resources`

いまいち理由はわからないけれど、python をインストールし直す (brew が python をビルドし直す) ことで解決した

brew uninstall python
brew install python