15 November 2007

linuxがフリーズしたときの対処法

前提

基本的にカーネルそのものが暴走することは稀で、たいていはアプリケーションかX Window Systemに問題がある。



Ctrl-C

とりあえずコントロールキーとcキーを押して、プロセスの中断を試みてみる。



フリーズしているプロセスを調べて、kill

$ ps ax
$ top

このあたりのコマンドで、問題のプロセスのプロセスIDを調べる。PIDっていう項目の数字がプロセスID。

IDがわかったらkillコマンドで殺す。

$ kill PID

これでだめなら、

$ kill -KILL PID


コンソール画面からプロセスをkill

X Windows Systemが固まっちゃってる場合は、上の操作が行えない。そんな場合は、

Ctrl-Alt-F2

でコンソール画面へ切り替える。ログインを促すメッセージが表示されるので、ここからログインし、あとは上と同じ作業。その後X Windows Systemに戻るには、

Ctrl-Alt-F7

コンソール画面でフリーズしたときは、

Alt-F1 ~ F6

でコンソールを切り替えてみる。



ほかのコンピューターからログイン

ほかのコンピューターから、telnetやsshを使って、問題が発生しているコンピューターへログインしてみる。



X Window Systemの再起動

Ctrl-Alt-Backspace

これでX Window Systemを再起動できる。今までの方法と違って、そのユーザーのほかのすべてのプロセスも終了して、ログイン画面に戻ってしまうので注意。



システムの再起動

Ctrl-Alt-Delete


それでもだめなら

電源ボタンを押したり、コードを抜いたり…