25 February 2010

インストール済みのアドオンを調べる

firefoxの拡張機能開発メモ. 現在のプロファイルにインストール済みのアドオンを調べたい. nsIExtensionManagerというインタフェースを使うと実現できるようです.

コード

var extensionsManager = Components.classes["@mozilla.org/extensions/manager;1"]
  .getService(Components.interfaces.nsIExtensionManager);
var itemsList = extensionsManager.getItemList(2, {});
for (var i=0; i{
  Application.console.log(itemsList[i].name);  // 拡張の名前を表示
}

nsIExtensionManager で提供されている getItemList() というメソッドで一覧が取得できます.

nsIExtensionManager

nsIExtensionManagerはアドオンのインストールや管理の機能を提供してくれるものです.

Interface representing a system for the installation and management of Extensions, Themes etc.

MXR is retired

getItemList()というメソッドでアドオンの一覧を取得できます.

 /**
  * Retrieves a list of visible nsIUpdateItems of items matching the
  * specified type.
  * @param   type
  *          The type of item to return.
  * @param   countRef
  *          The XPCJS reference to the number of items returned.
  * @returns An array of nsIUpdateItems matching the id/type filter.
  *
  * XXXben - it would be good if this function took an optional
  *          install location.
  */
 void getItemList(in unsigned long type,
                  [optional] out unsigned long itemCount,
                  [retval, array, size_is(itemCount)] out nsIUpdateItem items);

MXR is retired

typeにはアドオンのタイプ(install.rdfに書くやつと同じです)を指定します. 拡張機能なので2にします. countRefという引数はXPCJSリファレンスというものらしいのですが, よくわかりません. すべての拡張の情報を取得するだけならば, とりあえず空のオブジェクトを渡せば大丈夫です. 返り値はnsIUpdateItemsです.

nsIUpdateItems

nsIUpdateItem は拡張の名前やバージョンなどの情報を持っています. 詳しくはリファレンスをどうぞ.

nsIUpdateItem Interface

参考