18 May 2013

nginx の proxy_set_header の継承ではまった

proxysetheader directives issued at higher levels are only inherited when no proxysetheader directives have been issued at a given level.

HttpProxyModule

とのことなので、親設定ファイルで指定されていた proxy_set_header の設定は、子設定ファイルのもので完全に上書きされる。差分を継承しようとしてまりがちだ。

例えば /etc/nginx/nginx.conf には次の設定が、

proxy_set_header Host              $host;
proxy_set_header X-Real-IP         $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For   $proxy_add_x_forwarded_for;

include /etc/nginx/conf.d/*.conf;

そして /etc/nginx/conf.d/sample.conf に次の設定があった場合、

proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;

proxy_set_header で Host, X-Real-IP, X-Forwarded-For, X-Forwarded-Proto の 4 つが有効になりそうにみえる。しかし実際には X-Forwarded-Proto のみが設定されて、のこりの 3 つについては何も指定していないのと同様の挙動になる。