18 December 2012

nginx の error_page ディレクティブでステータスコード書き換え

nginx の error_page というディレクティブでエラーの時に返す html を指定できるが, その際にステータスコードの上書きもできる.

error_page  500 502 504 =200 /error.html;

こうしておくとエラーの際には /error.html を返しつつ, 500, 502, 504 の際は 200 を返すようになる.

なんとしてもクライアント側に迷惑を掛けたくない (ブラウザコンソールにエラーが出ることすら避けたい) 場合にこうして 200 にたおしておく設定はありだろう.

HttpCoreModule