01 July 2008

svnクライアントのプロキシ設定

私の研究室のネットワーク環境では、学科のプロキシサーバを経由してインターネットにアクセスしています。このようにlanから外へプロキシサーバを通して出入りするという環境は多いようです。

ところで、近年のオープンソースの広まりとともに、研究で使うソフトウェアにオープンソースのものを使うことも当然多くなっています。オープンソースのプロジェクトの中には、subversionで公開している所も多いと思います。しかし上記のような環境だと、普通にsubversionのクライアントを使って、外のリポジトリにアクセスすることができません。ブラウザからアクセスして持ってくることはできるのですが、やはりコマンドラインからも使えた方が便利です。そこでsubversionのプロキシの設定を行ます。

方法は簡単で、 ~/.subversion/serversの[global]という項目の中の、http-proxy-hostにプロキシサーバのドメインかipアドレス、http-proxy-portにポート番号を書くだけです。

...
# http-proxy-host = defaultproxy.whatever.com
http-proxy-host = proxy.example.com
# http-proxy-port = 7000
http-proxy-port = 8080
...

これでOK