01 November 2013

VMWare Fusion でゲスト OS の IP を固定する

NAT でゲスト OS の IP を固定し、ホスト OS の hosts でその IP を指定するという方針。

  • NAT Gateway Address を確認する

    • /Library/Preferences/VMware Fusion/vmnet8/nat.conf に仮想ルータの IP が記述されているので確認する。以下のような行をみればよい。VMWare 特有な手順はここだけ

      # NAT gateway address
      ip = 192.168.112.2
      
  • ゲスト OS のネットワーク設定から IP を固定する

    • デフォルトではおそらく DHCP になっているので static にする
    • GATEWAY には先ほど調べた NAT Gateway Address の ip を設定する
    • IPADDR には固定したい IP を記述
    • たとえば CentOS の場合このようにする。これは 192.168.112.200 に固定する例

      $ cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
      DEVICE=eth0
      ONBOOT=yes
      HWADDR=00:0c:29:30:9d:96
      TYPE=Ethernet
      BOOTPROTO=static
      DNS1=8.8.8.8
      USERCTL=no
      PEERDNS=yes
      IPV6INIT=no
      IPADDR=192.168.112.200
      NETMASK=255.255.255.0
      GATEWAY=192.168.112.2
      
  • ホスト OS 側の hosts ファイルに固定した IP を追加

    • /etc/hosts に書くだけ

      192.168.112.200 localdev
      
    • この例は仮に localdev というホスト名にしている

  • 参考サイト