05 July 2015

Google JavaScript Style Guide 和訳をリビジョン 2.93 にあわせて修正しました

Google JavaScript Style Guide 和訳

Google JavaScript Style Guide の本家の更新に和訳も追従した。

主な変更点

クリティカルな修正が多かった。そもそもの言語仕様の間違いが二点と、脆弱性につながるルールの修正。

  • NaN == NaNtrue になるという 間違った記述 の修正
  • セミコロン省略時の自動挿入について。二項演算子の前には自動挿入されないが、されるという前提のルールになっていた。そのためルールの必然性がなくなってしまった。
    • その旨をコメントに記載しつつ、一貫性のため過去と同じルールでこれからも行くことになった。
  • eval() の利用を JSON のパースに利用することを禁止。普通に JSON.parse() を推奨するように。
    • JSON を eval() でパースすると、悪意のあるコードが実行される脆弱性になる。その旨も追記されている。

ところで、いままで google code 管理だったのが、いつのまにか GitHub に移行していたこの Issue によると今年の 5 月頃からのよう。

使い慣れた画面で diff などが見られるので基本的に歓迎なのだけど、過去のコミットの日付が古いように見えるのが気になる。今回更新した 2 コミットも、どちらも 2013 年ということになっていた。

参考

JavaScript 第6版
JavaScript 第6版
posted with amazlet at 15.07.04
David Flanagan
オライリージャパン
売り上げランキング: 5,722