18 March 2014

homesick を導入してみたが

technicalpickles/homesick

ドットファイルをはじめホームディレクトリ以下の設定ファイルの管理。いままでは Dropbox においてリンクを張って使っていた。homesick という gem でその辺の管理をしているひとも多いと聞いて、ちょっと試してみた。

homesick は、要は github 上にある設定ファイルを pull してリンクしているだけ。homesick コマンドを通じて統一的に commit や push は一応可能。

使い方としては、

  • github に dotfiles などを管理するリポジトリを作って push しておく
    • home というディレクトリの下にファイルを置く規約
    • home 以下のすべてのファイル・ディレクトリの symlink をホームディレクトリにはってくれる。よって dotfile だけではなくディレクトリなどホームディレクトリ直下に置きたいものならなんでも対応可能
  • homesick をインストール

    gem install homesick
    
  • dotfile 管理リポジトリをクローンする

    gem clone cou929/dotfiles
    
  • ホームディレクトリへ symlink をはる

    homesick symlink dotfiles
    

準備はこれで OK

何かファイルの管理は以下のように行う

  • pull

    homesick pull
    
  • 手元の diff を確認

    homesick diff
    
  • 手元の差分をコミット

    homesick commit
    
  • push

    homesick push
    

リポジトリは ~/.homesick/repos/ に clone されている。何かのミスで手元でコンフリクトした場合などは、最悪ここに入って直接 git コマンドをたたけばよい。

感想

このように、この方法はそんなにシンプルではない。dropbox or github + 手製の管理スクリプト (symlink はるだけ) とそれほど手間は変わらない。(もちろんそういう野良管理よりは少し楽だけど、劇的ではない。) 一応今のところ使い続けているが、このような使い方をする分には、そんなに旨味を感じないツールだった。